”あたしたちの未来はきっと”

とんでもないものを読んでしまった。すべてのタイミングが合わさって、わたしのための本ではないかと思えた。(そう思わせるのが物書きさんの才能なのだろう) みなさん、長谷川町蔵さんの小説集”あたしたちの未来はきっと”は、このブログの読者さんが一人残らず読んでいただかなければいけません。そうみなさんと共有しな…