夢みる惑星

カルチャーをむさぼりながら空想で生きてる

雑誌を読もう。ファッションを知ろう。

こんにちはー!お久しぶりです。
後期に差し掛かり、学校が本気を出してきてカナシミです。ライリーライリーこっち向いてです。ってこれ前もやりましたっけ(笑)

 

愛しのライリー

愛しのライリー

 

そう!コメントありがとうございます…!

f:id:monstarhm:20151015083138j:image

Cさん、コメントありがとうございます!

文章や写真のピックアップはブログを更新している上で、ひとつひとつ大切に考えているので、そういうとこに着目していただけるのってとっても嬉しいです…!伝わる人に伝わるように、と頑張っていたところでもありますので♡

がっかりさせないように頑張るので、これからもよろしくおねがいします。(≧∇≦)

 

 

f:id:monstarhm:20151015083736j:image

Natsukiさん、コメントありがとうございます!

とっても嬉しい言葉たちで、しあわせな気持ちになりました…。表現することの楽しさを感じます。

わたしにしかない考え方をだれかに理解してもらいたい、という理由でブログを始めた部分があるので、すごく嬉しいです。生活する場所や年は違えど、境遇が似ていそうですね(笑)励みになりました。これからもよろしくお願いします!

 

コメントが本当に嬉しいです…!やはりブログをやっている以上、だれかに読んでもらいたいという気持ちはあり続けるので、これからもがんばります。
 
 
 
 
さて、本題ですが少し前のGINZAでこちらの特集が組まれていました。

f:id:monstarhm:20151013022034j:plain

「ファッション雑誌を読みましょう」
いまスマートフォンの普及と比例して、深刻化する雑誌離れが問題となりつつある今ですが、ファッションに関わる様々な人が口をそろえることがあります、雑誌は読むべきだと。学校の先生も、ファッションで仕事をしている先輩も。
 
というのもこのことを記事を書こうと思ったのも、わたしが完全に雑誌派だからです。
このブログを読んでいただいてるのは、スマホの普及による恩恵もあると思いますが。(ありがたいです)
 
コレクションなどは、ネットの方が完全に見やすいし、情報の鮮度は高いのでスマホでも情報収集は怠りません。早く知ったもん勝ちではあると思います。

ここらへんは、必ず毎日見るべきですが、ネットでの情報収集はとても流動的だと思います。たやすく得た情報はたやすく忘れるものだし、心に止まりにくいと思うのです。

それに、自分が見たい情報だけを選んで見ることができる。それは長所ですがら大きな短所でもあると思います。

 

しかし雑誌は、すでに編集者さんたちが取捨選択した、洗練された情報を得ることができます。こちら側が好き好んだ情報だけを見るわけではないので、新しい発見や気づきに出会える機会が断然増えます。

とまあ、堅苦しく説明しましたが、つまり雑誌を読む人がもっともっと増えてほしいということを伝えたいのです!(笑)
紙媒体がこれ以上衰退して欲しくはないのです!雑誌を読むみなさんにとっても死活問題ですよね!
 
ということで、オススメの雑誌を何種類か紹介したいと思います!
 
 

f:id:monstarhm:20151013024401j:plain

f:id:monstarhm:20151013024525j:plain

FUDGE - 毎月12日三栄書房より発行
見ていてワクワクする雑誌!
その時代に合った海外のプロモデルを起用していて、モデルを見るためだけにmen'sさえ買うときもある。(笑)
フレンチシックだったり、ロンドンっぽい感じのコーディネートが得意の雑誌ですが、わりと流行によって臨機応変に変化する雑誌です。
飾り気がなくレイヤードコーディネートも少なめなので、日本っぽさは、ほぼないです。

f:id:monstarhm:20151013024444j:plain

たまにあるワールドスナップ特集の号は必見です…!!!企画がいちいち面白い!
価格帯もハイブランドのものをカジュアルにコーディネートしているので、品があるカジュアルで眼福。メイクがナチュラルなのも参考にしやすいポイント!
 
 
 
 

f:id:monstarhm:20151013024706j:plain

CLUEL - 毎月18日又は20日にザブックス パブリッシングより発行
わりと最近創刊した雑誌で、FUDGEよりもっとボーイッシュに、カジュアルにした感じです。アイテムは似たり寄ったり。それもそのはず、FUDGEやvikka、onkulの編集をしてきた人たちが会社を設立して発行しているようです。
極めてロンドンチックで、クラシックな印象が強く、流行を追いつつもCLUELらしさが根底に根強くあります。(というよりも最近ロンドン自体が大きなムーブメント…?)
添えてある文章の読み応えが抜群なのが、読んでいて楽しくて知識も増える!そしてページレイアウトが秀逸です。
わたしは最近FUDGEよりもCLUELの方が好きかな…?CLUEL hommeという男性誌も出ましたが、最高でした。やっぱり、パリとロンドンは永遠ですね。
 
 
 

f:id:monstarhm:20151013025001j:plain

f:id:monstarhm:20151013025027j:plain

装苑 -毎月28日に文化出版局から発行
流行に合わせて、そのときグングンきてるブランドを巻頭でピックアップしてくれるわかりやすい雑誌!
モデルやページの雰囲気も独特の装苑らしさがあり、アートを見ているような気分になることもありますが、文章も決して難しくなく、しっかり読み物として楽しむことができます!

f:id:monstarhm:20151013025106j:plain

年1回のヴィンテージ号は永久保存版の価値あり。
装苑の特徴は、ハンドメイドでの服や小物の作り方が必ず載っていること!それを見て購入を考えるのも手ですね。歴史も長く、服を勉強するなら逃してはいけない雑誌だとわたしは思ってます。
 
 
 
 

f:id:monstarhm:20151013025319j:plain

GINZA - 毎月12日にマガジンハウスより発行
いつもGINZAを開くときは、学ぶ姿勢で臨みます(笑)学ぶっていうか、もう本当に読み物です。文章も若い人にわかりやすいように、とか媚びてないところが素敵。1ページ1ページの丁寧さが段違い。ただ、若い頃からこれを読むと精神年齢が異様に老けてしまうかも…わたしのように(笑)たまに出てくるOliveについての話が素敵・・・!わたしが少女のころにOliveがあったら狂っちゃうだろうな(笑)
写真はあまり詳しくないけど、奥山由伸さんが撮る写真はどうも素敵で、雑誌だとGINZAは定期的に奥山さん担当のページがあるので、ぜひ見てみていただきたい…!本当に素敵なんですよ!写真は奥が深そうだ…
 
 
 

f:id:monstarhm:20151013030122j:plain

POPEYE - 毎月10日にマガジンハウスより発行
わたしが大好きなシティボーイ雑誌!
安心安定のマガジンハウス様。企画の素晴らしさが半端ではない。特集のタイトルを見るだけで雑誌を開かずにはいられない。
お洒落で、これをよむだけで知識が増える。男性誌であることから、やっぱりオタク精神をくすぐること細かさです。女性も読むべき。読んだ後の幸福感がたまりません。かならず新しいことに出会える雑誌です。ただ、ガールフレンド特集は女の子が見たら笑っちゃう(笑)
 
 

f:id:monstarhm:20151013030640j:plain

commons&sense -河出書房新社から年に2回発行
世界各国で発売されている日本の雑誌
月刊誌ばかりだったので、ひとつこういうのも。commons&senseは「文章」や「説明」を一切省いた先ほど紹介した雑誌とは全く違うタイプの雑誌です。
写真集を見ている感覚で、そのとき流行のものや特集に合わせて、服、絵、小物、さまざまなものが載っているもので、インスピレーションをもらえる雑誌で、クリエイティブな精神をかきたててくれます。大好きな雑誌で、見ているだけで気分が高揚します!その雑誌に合うBGMを選んで眺めたい。manバージョンも発売されています。
 
 
 
はい、気になる雑誌はありましたでしょうか。美術の本や建築の本も合わせて読むと、もっと楽しいですよ!みなさんもマガジンライフ楽しみましょう♡
 
そういえば、taviちゃんのROOKIE YEAR BOOK1の日本語に翻訳されたものが、11月6日に発売予定…!
高校生の頃から読んでみたかったtaviちゃんの文章がついに…♡♡♡それにまえがきは山崎まどかさんが担当しているそうで、最高すぎて泣きそう・・必ず買うぞーーーー!
 
 
周りで流行ってるお小遣いサイトです^^
迷惑メールがないところが気に入ってます!
何度か換金したので是非登録だけでもしてみてください♡
 

 こちらもよろしければ。

monstarhm.hatenablog.com

monstarhm.hatenablog.com